« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

冬コミ無事終了

 サークル参加した一日目。まさかホワイトコミケになるとは…開いたシャッターから風が吹き込んできて凍死しそうになりました。

 歩いてればそれなりに暖かくなるのだろうけど、座りっぱなしでは筋肉が熱を生み出してくれないので厚着していても体温は奪われていくばかり。

 とりあえず、新刊の売り上げは12冊ほど。まあ、こんなものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんしけん 第十二話

 活動停止で次第に無気力になっていくげんしけんの面々。

 活動停止になったのが自分のせいとなればやっぱり辛い。斑目のいつもの毒舌でついに泣き崩れてしまう咲。その後、咲が立ち直るまでの数時間は斑目にとってまさに地獄。しかも耐えきれなくなって口に出す一言一言が全て逆効果の無限あり地獄…自業自得とはいえ哀れ。

 ボランティア活動でコミフェスに行けないことが判明し、同人誌への熱き思いを演説する斑目。潔いと言えばいいけど、そりゃ殴られるわな(^^;;;

 コミフェスに笹原妹とともに突撃する咲。高坂のためとか言って引き込んだのか?でも、会場を走ってはいかんな。

 活動再開を期に会長に就任した笹原。その野望はコミフェスサークル参加。しかも男性向け…おいおい(^^;

 ちなみにアレ書類不備ですな。濁点は一文字だ。なんて一瞬で看破出来てしまう自分が悲しい(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクールランブル 第十三話

 なんか豪華な夕飯。なのに部屋は男女雑魚寝(笑)

 一日でカナヅチから5km泳げるようになった周防。元々運動神経が良かったのもあるだろうけど人間、極限状態に陥れば潜在能力が解放されるんですな。

 告白の練習。それでも『好き』と言えない播磨。播磨にとっては目の前にいるのが本人だし(^^;
練習とはいえ、天満にいっぱい告白してもらえて良…くはないか。思いっきり生殺しだし(T-T)
 しかも、それ全部自分のことだろ天満…
 ここで「俺が好きなのはおまえなんだ~っ!」とか言っても「それだよ、播磨君!」とか流されちゃうんだろうなぁ(^^;;;

 夜這い。奈良にそんな度胸があるとは…でも速攻リタイア(笑)
 高野。あくまで傍観者。いいポジションだなぁ。友人達に気付かせない要領の良さもさすが。
 今鳥、こだわりの男。でも、もうちょっと観察眼を養いましょう。
 花井、播磨が痛がるほどの…ベアハッグ?この場に八雲がいなくてほんっとうに良かったな。
 そして播磨。あの状況じゃ言い訳出来ないし、出来たとしても言えないよな…

 花井と周防の小学校時代のお話。今とは全く違って周防に守ってもらう立場だった花井。周防の本当の強さを知って自分も強くなろうと決意したあの日。
 そんな万感の思いを込めて吹いたあの曲。

 でも、やっぱり周防は周防でした(笑)

 オマケ。本編とは全く無関係なところで萌え萌えな八雲の一日。あの風鈴は幼きあの日に天満に買ってもらったものなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/25

成恵の世界 少年A2月号

 時台屋防衛のはずが、いつのまにか全く別の話に(^^;

 お婆様、その手に持っている「猫語の参考書」って一体?それで勉強すればぴ~とさんと話せるの?
とか思ったらこの後しゃべる猫がいるし…あれ?

 成恵はハーレムインロマンス(って、なんかやばいタイトルだな)に夢中なようで(^^;;;

 なし崩し的なサザエさん時空でなくちゃんと何らかの設定がある上での中二をループしてたの?時空間的に閉じられた世界?今回を含め、タイムスリップ話って「成恵の世界」の根幹に関わる話なようで。

 お婆様とおじいさまの縁結びをした上で、一刻も早くこの謎を解明しないと重力偏向機関の停止した銀河連盟艦隊が落ちてきて地球滅亡…って随分スケールのでかい話になったところで以下次号。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹「ケロロ クリスマス大作戦 であります」

 クリスマスでペコポン人が浮かれている隙に乗じて侵略を図ろうとするケロロ。

 ドロロ離脱の理由はいつも通りとして、タママはすっかりクリスマスの魔力にとりつかれた子供状態。

 ギロロも「恋人のためのイベント」ときいた時点でまったくの役立たずに。毎度のこととはいえ純情にも程があるよ。
クルルに至っては…人妻が好みなのか、お前は(^^;;;

 556、親友とはいえ、バイト代は渡さんとか言ってた気がするんですが…ケロロ、あれだけこき使われてただ働き?

「ケロロ 仕事納めの大掃除 であります」

 ケロロ、日々の成果かお掃除はプロ級?よくモアにやらせていたような覚えもあるんですが…

 居候呼ばわりされて落ち込むギロロ。そう言われないように庭にテント張って野宿していたはずなのに…まるで無駄な努力だったようで(^^;

 どんなに綺麗に掃除しても最後に窓ガラス割っちゃ意味ないよな…

 今日のモアの診察室。「今すぐケロロが見たいって言うか無我夢中」…はい、頑張って原稿描いてます(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン 第十二話

 みんなの助けで小学校の時に作った家に避難するジュンと真紅。

 ジャンクになってしまった、と絶望の涙を流す真紅を励ますジュンの台詞は…どう聞いてもプロポーズだよな、これ(^^;;;

 真紅の腕を拾いに行ったジュンを襲う水銀燈の精神攻撃。しかし、真紅を守る決心をしたジュンには通じず。弱った心に直接ダメージを与えるには有効だった夢の世界が、強い決心のおかげでようやく本来の主であるジュンの味方に。

 折れていた真紅の腕も元通り…折れたんじゃなくて外れていただけだったんじゃ?ドールの構造ってよくわからないけど(^^;

 未完成だったが故にお父様への思慕が誰よりも強かった水銀燈。彼女が完成していたら、思いの方向を間違えなかったら、確かに彼女が一番アリスに近かったのかも。

 ところで「アリスゲームに勝ち残ってアリスになればお父様に会える」というのは本当のことなの?この条件だと未完成のままで放置されてしまった水銀燈はその時点でアリスになれないと見限られたも同然なわけで。それを覆すためにゲームに勝ち残って、お父様に認めて欲しかったということ?

 ジュンの樹の周りの邪魔な草をそのままにしておこうというのり。過保護にせず、自分の力で大きく育つ事を信じ見守っていこうというスタンスに落ち着いたようで。

 真紅の服を全くの新品同様に繕うジュン。夢の中とはいえ正真正銘魔法の指だよ、それ…

 散歩から帰ってきたジュンの目の前にはいつもの光景が。そして指輪も。ジュンの心は少しだけど確実に強くなったよう。学校に通えるようになるのもそう遠くない?でも、クラスメートは絶対家に呼べないな(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/21

スクールランブル 第十二話

 ショート劇場。姉が食べたそうなモノを用意する八雲。姉に喜んでもらえれば苦労は報われます。
合羽を探して河童のミイラ(本物?)を発掘する天満。何でこんなモノが、以前に塚本家にはこんな立派な倉があるのか(^^;
 九時ちょんまげ天満。でも、これでさえ忘れそうなのが天満だよね(^^;

 本編。女子の着替えを除こうとする今鳥と阻止しようとする花井。そして、つくづく人畜無害の奈良(^^;

 全裸でポージングしまくりの播磨…食事中には絶対見たくないな。そしてそれを見てしまった沢近。ご愁傷様(--;
そして、間違った選択肢ばかり選び続ける播磨。
 高野が助けてくれたのは気まぐれと言うより、さすがに哀れになったからかも(^^;

 奈良と天満の間をとことん邪魔する播磨。沢近はどうした、って、逃げ回って相手にしてくれないのか(^^;;;

 故意かわざとか、遭難する今鳥&周防。真剣に悩むカナヅチな周防に対し、あくまでマイペースな今鳥。でも、それが頼りがいでなく不真面目に映ってしまうのが今鳥の敗因(^^;

 集合写真にこっそり写る播磨。画面外できっと例によって葛藤していたのでしょうが今回は成功?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

ケロロ軍曹「ギロロ 愛の機動歩兵 であります」

 ギロロにビックリカメラを仕掛けるために用意された夏美そっくりのペコポン人スーツ。性能が軍事用並というのはこの際おいといて、何故スク水ですか?(^^;;;

 スク水寝起きとかスク水エプロンとかスク水バスタオルとかこの時間帯にこんなん放送していいのか?(^^;

 抑えきれない衝動を訓練で発散するギロロ。こらえきれなくなって戦闘を始めてしまった時点でギロロの判定勝ち?

 スク水で戦闘を続ける偽夏美を止めるためにパワード夏美出撃。でも、結局こっちもスク水仕様。制服が破れた下から出てくるのが何故スク水なのかとか考えたら負けですか?

「ギロロVS夏美 めぐりあい…も であります」

 パスワードを忘れたとかで変身チョーカーつけられっぱなしの夏美。裏ではパワード夏美をケロン軍最強の侵略兵器に仕立てようなどという計画が進行中。この時点で根本的な部分が破綻している気が…

「ペコポン侵略」をキーワードに洗脳スイッチが入ったらしいパワード夏美。でも、そのままケロロとタママを撃墜。どうやら間違えてバーサーカーモードになってしまった模様。仕掛けたのがクルルである時点でほぼ確実にわざとでしょうが(^^;

 そしてギロロに言わせるためとしか思えないパスワード。しかも二回言わせる辺りクルルの性格の悪さがよく出てるし。夏美本人が覚えてなかったのがギロロにとって不幸中の幸い?

 今日のモアの診察室「一人舞台って言うか厚顔無恥」…否定出来ない(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン 第十一話

 やっぱりまとも闘う気なんて無かった水銀燈。ミーディアムの力を封じるためにジュンを夢の世界に幽閉。

 水銀燈に言わせればミーディアムの力無しで真紅自身の力のみで戦えって、事なんでしょうけど、水銀燈って自分自身の力+スウィドリーム+レンピカ+α?のみでここまで強いというのは反則じゃ…
異常感想注意報さんもおっしゃってますが力の差ありすぎ。

 逆にミーディアム無しでここまで強いからこそ、ミーディアムを必要とせず、力に固執するのかも知れませんが。

 ジュンのトラウマ。中学受験に失敗して公立に行ったもののエリート意識が抜けずに孤立したと。そこを更にえぐる水銀燈の前にジュンの心は崩壊寸前。

 ジュンとの絆を頼りにのりの夢からジュンの夢に侵入を図る翠星石たち。のりをジュンの元に送るために水銀燈を牽制。二人がかりは卑怯と毒づく水銀燈。それじゃ人質取ってる貴女はどうなのよ?

 水銀燈に腕を引きちぎられ絶体絶命の真紅。血とかは出ないものの痛みと喪失感は想像を絶するよう。ジュン、裁縫は得意だけど工作も得意ですか?

 のりの愛のこもった叱咤で立ち直ったジュン。水銀燈の前に立ちふさがったもののどうするどうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/15

げんしけん 第十話

 高坂に近寄る恵子にまるで容赦しない咲が素敵(爆)

 パラソルの下から動かない面々は一体何をしに来たのやら(^^;

 一転して夏祭り。炎天下の中並んで始まり並んで買って並んで終わる。この普段とはまるで次元の違う体力は一体どこから出てくるのだろう?どこぞの不死人のように無限の力が湧いて出てる?

 客観的に見ると、とんでもない魔境…でも、自分もその中の一人である以上、これ以上何を行っても我が身に返ってくるので今回はこれまで(^^;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクールランブル 第十一話

 本来なら少年漫画の王道キャラな奈良。でも、ここでは異端児(笑)

 プールサイドで話し込んで、ちっともプールに入らないと思ったら全員カナヅチとは(^^;
天満はともかく他の三人はスポーツ万能っぽいのに…

 河童姿の姉を見ても「良かったね」と言って一緒に歩いてあげられる八雲は良く出来た妹ですな。普通だったらUターンして全力で逃げ出してもおかしくないところ(^^;

 播磨暴走しまくり。でも、最後のつめが甘すぎ。ボールは最後までよく見て打ちましょう。
でも、先生と映画に行ったりと自分の言動にはちゃんと責任を持ってるのが漢だな。

 リアル動物占いの動物たち。まだいたのね。

 あれだけあからさまに誘って欲しそうな播磨を無視出来るのは凄いなぁ。
 奈良は断固無視。今鳥は何も考えてない。花井は八雲のことで頭がいっぱい。天満はホントに気付いてない、と理由はそれぞれですが。

 天満の勘違いで海に行けることになった播磨。これが吉と出るか凶と…確実に凶と出るんだろうなぁ(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/11

ケロロ軍曹「ドロロ きたれ忍者教室へ であります」

 年越し予算調達のために忍者教室を開いて月謝を取ろうと画策するケロロ。

 最初は渋っていたドロロもケロロの口車にあっさり陥落。ずっとこうしていいように使われてきたんだな…

 希望者がいなくて落ち込むドロロ。さすがにこれはまずいと言うことでケロロ達が入学。ケロロ、見た目ハットリ君。背中に背負っているのはバックパックにビームサーベルだけど。そういえば結局抜かずじまい?モアはルシファースピアだし。

 変わり身の術と変身はまるで別物、というかまるで意味がないぞそれ。いや、クルルだけにわかってってわざとやっているのか?

 忍者教室を自分の探偵教室に対する営業妨害だと乗り込んできた556。営業妨害も何も両方生徒数0ですが。

 ケロロ小隊相手に互角の戦いをする556。実は結構強かった?でも、一番強いのは夏美(笑)

「ケロロ の恐竜 であります」

 年越し予算調達のためにDNAから再生した恐竜を見せ物にして入場料をとろうと画策するケロロ。

「ボールを取ってこい」といってMGボールを投げるケロロ。投げてもかまれてもびくともしないのはさすがMG?

 コントローラが外れて恐竜暴走。こういうときに逃げ遅れるヒロイン役はいつも夏美。そしていつもながら普段の勇猛さはどこへやら。まあ、モアとかだと相手が、いや地球ごと危ないですが(^^;;

 偶然につぐ偶然については、いきすぎたご都合主義に対するアンチテーゼ…なのか?

 化石とともに出土するMGボール。どんな素材で出来てるんだよ!Oパーツ!?

 今日のモアの診察室「昨日と同じパンツははいているっていうか後生大事」いや、ちゃんと毎日はき替えてますよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン 第十話

 水銀燈と決着をつける事になった真紅。それを誰にも知らせずに最後の日常生活を…なんてやっている時点で既に気持ちで負けているわけで。

 窓を開けたのにわざわざ開いてない方の窓ガラスを突き破って入ってくる翠星石。わざとやってないわけがないじゃないですか(笑)

 そして相変わらず不幸な告白男。もう一生こうなのだろうな、こいつ…

 雛苺達の下着姿を見て真っ赤になるジュン。完全に人形としてでなく女の子として見てますな。蒼星石、ぺったんこかと思ったら一応はあるようで。雛苺が一番大きく見えた(^^;;;

 翠星石、魔女役はまりすぎ。アドリブじゃなくて本気で言ってそうなところが特に。

 のりに、相手に良かれと思ってしたことが正しいこととは限らないと諭す真紅。愛するが故に過保護になってしまっている今ののりには辛い言葉かも。でもこのままでは何も変わらないのも事実。

 ちらちら盗み見るジュンに「球体関節がそんなに珍しいの?」などと本気なのかボケなのかよくわからない発言をする真紅。ジュンが裁縫をしているときに限っては言葉に刺がないと言うか素直というか。

 アリスゲームの意味を語る真紅。ひどいことをする奴だと言うジュンに対し、「生きると言うことは戦いだもの」と断言する真紅。彼女の存在意義であると同時にジュンに対するメッセージでもある深い一言。

 ミーディアムであるジュンをおいて単身決闘に赴く真紅。1対1でって、ミーディアムもなしって事?水銀燈ってミーディアム無しであんなに強いのか?いや、巻いた人間がいるはずだからそれがミーディアムなのかな?

 次回は決戦、かと思いきや予告見るとあっさり負けちゃったぽいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

げんしけん 第九話

 斑目劇場。

 共通の話題がない、もしくは何に興味があるのかわからない、わかってはいるが自分がそれに疎い。そんな相手と二人きり。しかも、それなりの期間を過ごしてきた相手だし、嫌いなわけでもないので無視というのも気分が良くない。

 そんな状況で無理に話題を探したり、興味を引くような行動をしようとしても、かえって逆効果なことが多いわけで。そもそも相手が自分と会話する気があるのかどうかすらよくわからないのでは尚更。

 こっちが相手を意識しているほど相手はこっちを意識していない。そんなことは分かり切っているけど、それでも脳内と現実のギャップが激しければ激しいほど募っていく焦燥感。端から見れば独り相撲だけど、本人は真剣なのです。

 とりあえず、斑目はよくがんばったと思う。咲の鼻の下のゴミはとれたし、オススメも読んでくれたし。
しかし結局、咲はどうして部室にいたのだろう?興味がある漫画があったけど家で読むのに抵抗があったとか、読んでいるのを誰にも見られたくなかったとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

スクールランブル 第十話

 悟りをひらいた播磨。神様になったり占い師になったりと大忙し。
そして、みんな余計な詮索はせず学校に来いと言ってくれる。幸せ者だよ、播磨。

 カレー>天満、レトルトカレー>=天満、な烏丸。結局、半額カレー>>天満か…

 播磨と一緒にいた動物たち。どこから来てどこに行ったの?

 告白とラブレターと退学届けは相手と内容をよく見て確かめてから!(笑)

 しかし、今回は八雲がたくさんしゃべってましたね、CMで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

ケロロ軍曹 「ケロロ 死闘!軍曹VS冬将軍 であります」

 ボーナスが出てウキウキ気分のケロロ。ギロロは金額に不満があるようですが、クルルの言うとおり、出るだけマシ。というか侵略の成果が全く上がってないのによく出たモノ…

 一人、ボーナスのないドロロ。小隊から離脱した裏切り者なのだから仕方がない。ケロン軍本部への報告としては未だ行方不明扱いなのか?寝返ったなんて報告したら抹殺指令とか来そうだし。

 冬将軍に侵略される街のイメージ映像。桃華がノースリーブのワンピースに見えるのですが見間違いですか?

 日本を侵略する冬将軍に挑むケロロ。しかし、アイスブレスの前にあえなく敗退。あの玄関、北向きなの?家相的には良くないぞ。

 逆恨みしたケロロにより、雪原に放り出される冬樹と夏美。寒くても雪があれば話は別というのは子供としては非常に正しい姿。雪が降って楽しめるのは子供の特権です(遠い目)。

「冬樹 そ~なんですよ西澤さん であります」

 雪山で遭難して冬樹と二人きりになる計画を立てた桃華。でも、人工降雪装置とクルルの気象操作衛星こまわりの相乗効果で局地的なブリザードに。

 寒さに倒れたケロロの夢の中に現れる三人のポール。元ネタはウルトラマンっぽいけど、具体的になんなのかは特定できず…って、今思い当たった!ウルトラセブン「零下140度の対決」のポール星人か!?
 雪山というシチュエーションで更にポールでかけてくるとはまさに完璧!恐るべし(^^;;;

 冬樹に暖めてもらうため、自ら心臓の鼓動すら操作する裏桃華。愛の力に不可能はないのか!?、と言うことにしておこう(^^;

 結局今回の作戦、一番得したのは小雪?

 今日のモアの診察室。「妙にハイテンションというか支離滅裂」…そうかも知れない(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/03

ローゼンメイデン 第九話

 蒼星石を助けるためにおじいさんの夢の中に入る薔薇人形ご一行とジュン。しかし、おじいさんの夢は水銀燈の味方。水銀燈を追う深紅、雛苺チームと一次撤退のジュン、翠星石、蒼星石チームに別れることに。

 撤退チームは枯れかけた世界樹の枝を伝っておばあさんの夢に移動。そこにいたのはカズキの亡霊?
カズキの言い分を真っ向から否定するジュン。それはそのまま自分の状況にも当てはまるわけで。図らずも自分の現状を再認識してしまったジュン。脱引きこもりへの一歩となるのか?

 水銀燈の策略で夢の中に閉じこめられた深紅と雛苺の前に現れたのはくんくん!?かと思いきやその背後にいたカズキ。でも、時計だらけのおじいさんの夢にくんくん人形がいるのはあまりにも不自然。これも実はジュンの能力?

 闘う力を奪われた翠星石と蒼星石。でも、おじいさん、おばあさんとの幸せな生活は戻ってきたわけで。この生活には闘う力なんて必要ないのは事実。

 しかし、どんどんパワーアップする水銀燈と人数は増えても戦力ダウンの深紅達の戦力差は開いていくばかりなんですが…どうなるの?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/02

げんしけん 第八話

 プラモは小学生の頃ガンプラを作った程度なので今回は第三者モードで鑑賞。

 そんな神経質になるほど壊れやすいモノなのですか?MGって。それとも咲本人のイメージ故?

 斑目がいろいろフォローしようとしているのが部長らしくなってきたなぁという印象ですが、このまま行くと近い将来胃に穴が開きそう(^^;

 咲が居心地悪いと思いながらも部室に顔を出すのはどうしてなんでしょう?高坂目当てなら通りそうなところで待っていればいいんだし。げんしけんの連中と仲良くしようって気も余りなさそうだし。大野さんとは会話する気あるようですが。

 ネコミミメイドモード。大野さんが「にゃん」とか言ったおかげで幻に。でも、妄想の中に留めておいた方が良かったのかも知れない(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクールランブル 第九話

 世紀末救世主伝説?と思ったら途中超野菜人風味。烏丸にはラスボスがよく似合う。

 打ちのめされた播磨の前に美人のお姉さんが。据え膳食わぬは男の恥とはいうものの、この状況で手を出したら漢失格。そこまでは落ちぶれていなかった播磨。

 翌朝、何とか立ち直ろうとしたものの、お姉さんの何気ない余計な一言が播磨にとどめを。走り去り方が彼の精神的ダメージを如実に表現(^^;

 完全にひも状態、というより拾われた捨て犬状態の播磨。でも、少し自分の不幸に酔い気味。

 最近の河童はバタフライで泳ぐのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »