« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/27

ケロロ軍曹 「極秘!夏美のお誕生日大作戦 であります」

 12月2日が夏美の誕生日と聞き、内緒で誕生パーティを計画し、夏美を感激させようという作戦を立案するケロロ。

 会議の司会進行役兼音響担当?のモア。でも、その木槌は何か勘違いしてないか?
 ペコポン人スーツを使ってオーバースローで自分ごとプレゼントをどーん!ケーキをどーん!確かに凄いインパクト。何時の間に遠隔操作出来るように…

 夏美に直接欲しい物を聞こうとして拘束されるタママとクルル。いつもは落とす側のクルルが落とされているのはなんか新鮮。それだけケロロが真剣と言うこと?そのケロロ自身も台詞棒読みですが(^^;

 夏美へのプレゼントを桃華に相談する冬樹。案の定、話の途中で暴走を始める桃華。そして、やっぱり何も聞いてなかった模様。ポールも大変だなぁ。

 やたらメルヘンチックな会場の飾り付けに引く冬樹。そこへ夏美帰宅の報が。もう少し前にしないとダメだろ…日向家内にしかセンサーがないのか?ペンギン着ぐるみのモア、そのままぬいぐるみにしたい…

 やたら格好いい台詞を残していずこかへ去っていくギロロ。一体どこへ?

 行動監視役の小雪。全く役に立ってないし。本当に忍者なの?

 フランス製と言うことで凱旋門ケーキ。一年間無事に過ごして帰ってきた、と言う意味も含まれている?

 夏美へのプレゼント。タママのお菓子山盛りはおいておくとして、ケロロと冬樹は「自分が欲しい物」ですな。冬樹、どこからそんな像を?自作?クルルのアフロ曹長は完全に自作だろうけど。

 遅れて登場のギロロ。どこに行ってたのかと思えば、かぐや姫への貢ぎ物セット?一つでも大変な物を全てとってくるとは…これが愛の力か(笑)

 このままいいお話で終わっちゃうの?と思ったところできっちりオチをつけてくれるケロロ。流石って言うか我田引水?

 今日のモアの診察室。「みんなの人気者って言うか拍手喝采?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン 第八話

 マスターのおじいさんにつくす蒼星石と見限った翠星石。

 自分がいなくなったらおじいさんは壊れてしまうと言う蒼星石ととっくに壊れているという翠星石の会話は平行線。マスターのためには自分を犠牲にすることもいとわない妹とそんな妹を心配する姉。どちらが正しくてどちらが間違っているとは一概には言えないところ。

 その隙をついて暗躍する水銀燈。キーパーソンは眠り続けるおばあさんのようですが。

 シリアス話でツッコミどころが余り無かったですが、あえて挙げれば、くんくんってレギュラーじゃなかったのか。とか蒼星石を途中までホントに男の子だと思ってたとか。
 あと、告白男。いつになったらちゃんと告白させてもらえるやら(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/26

成恵の世界 少年A1月号

 おまっとさんでございました!満を持しての四季ちゃん登場!!

 しかも、巻頭カラーでメイド服♪グッジョブ、丸川先生!
ぴーとさんまでメイド服仕様なのはさすがというか。

 時台屋存続のために健気に頑張る四季ちゃん。手段を選べないほどせっぱ詰まっているご様子。しかし、学校の方にはろくな友人がいない模様(--;

 祟りってお鼠様じゃないのね。でも、四季ちゃんが言うとやたら信憑性が。

 四季ちゃんのピンチに役立たずなぴーとさん。
かとおもいきや若かりし頃の四季ちゃんのお婆様を召喚。さすがぴーとさん。でも、和人を連れて行ったところを見ると和人の存在も不可欠要素?あとはやっぱり例の印か。それに桜の狂い咲きはどう関わってくるのやら。

 四季ちゃんの一族の名前は文豪シリーズ?お婆様の名前は石川折。四季ちゃんそっくりだけど、ちょっとつり目できつい性格?たまに香奈花に見えるコマが(^^;;;

 タイムパラドックス考証で生き生きしている八木。この手の話でメインに関わってくるのは珍しい。

 やっぱりいいとこのお嬢様だった四季。成恵には刺激が強すぎたようで(^^;

 おばあちゃんと孫でドキドキって、いったい何の影響ですか?丸川先生…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

げんしけん 第七話

 新入生…ってもう一年経ったのか。早いなぁ。

 年齢不詳の会長。卒論かけば卒業できるとのことなのでとりあえず4年生ではあるらしい。

 全力で新入生の入部を阻止しようとする咲。しかし、怪談話を持ってくる辺りが見事な空回りっぷり。

 新歓で暴走する新入生とそれを制御出来ない斑目達。この時点でもうグタグタ。大野さんはザルどころか枠ですか? 
 ようやく高坂の使い方というか利用法を会得したらしい咲。見事に新入生を撃破。結局、咲の一人勝ち?

…高坂、本当に容赦ないというか何も考えてないと言うか(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

スクールランブル 第八話

「好きだ」なんて活字背負って突っ込んでこられたらそりゃ逃げるわな。

 沢近の後ろで必死にメモをとっている天満が可愛かったです。でも、自分じゃ作らないのね。

 素朴な疑問。播磨は昇降口からずっと沢近を尾行してたの?それじゃあストーカー…なんて言ったら台無しだな(^^;

 花井本人は死角にいてもあふれる想いは文字通り教室からあふれているのね(^^;文字が移動してくる様は端から見てるとコミカルだけど八雲本人からしてみれば恐怖そのもの。自分への好意ですらこれなんだから悪意がわからなくて良かったと言うべきか?

 ご飯だけならおむすびに出来るけどカレーのみはどうしようも無し。あの様子だとお昼抜き?

 いくら何でも無理のある妄想で突っ走った挙げ句に目の前にあったのは容赦のない現実。
一日TVを見続けて、ようやくあれは錯覚だと結論づけようとした矢先に天王寺に現実に引き戻された播磨。
明日のジョー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/20

ケロロ軍曹 「桃華VS小雪 温泉争奪バトル であります」

 占いで冬樹似の人形に「冬樹に温泉に誘ってもらえなかったらこの恋は絶望的」と出てしまった桃華。
いつも通り、財力を駆使した自作自演作戦を敢行。

 がらがらの中身は全て赤玉。てっきりポールが球が出た瞬間にスナイプして金にでも入れ替えるのだと思っていたのですが、そのまま赤玉で大当たり。いまいちありがたみが(^^;

 ここまでは良かった物の、冬樹の鈍さまではさすがに制御不能。冬樹から誘ってもらわなきゃいけないので、最終的な決定権が冬樹にあるのはしょうがないわけですが、通行人全部サクラにまでして置いて道路封鎖を忘れていたのが致命的。いや、あの二人なら封鎖してあってもかまわず突っ切ってくるか?(^^;;;

 ケロロ、それ原型とどめてないぞ?

 桃華の「ごきげんよう」って、ねぇ(^^;;;;

 桃華インパクト。タママの能力は西澤グループにしっかり解析されている模様。二等兵の必殺技とはいえペコポンの技術力があがることは侵略するに当たって脅威のはずですが、誰もそんなこと気にしていないのね。

 足りない分は追加でって軽く言ってますが、ママってそんなに高給取りなの?

「ケロロ&冬樹 まったり行こっ であります」

 623のポエムをバックにノスタルジックなお話。
不思議な空間はあなたのすぐ側にあるのです。って違っ…

 今日のモアの診察室。アッタマ良すぎ~っていうか唯我独尊?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン 第七話

 真紅を起こすために悪戦苦闘するジュン達。

 雛苺はともかく翠星石は何か知っていて状況を楽しんでいるんだろうなと思ったら案の定。『ミーディアムの危機にドールは反応するはず』ってどこの三つ目人と奴隷の話だ。あ、主従逆か。

 熱湯をかけられるのとポットを落とされるのどっちが危険かというと甲乙つけがたいですが、あの程度で済んだところを見ると中身は空っぽだったの?

 巻いても起きない真紅。名探偵くんくんもお手上げで、話は一気にシリアスな方向へ。

 幼き日のジュン。そんな頃からちゃんとした人形を…化け物か!?

 のりに頼ることなく自分で学校の図書室に潜入したところにジュンの覚悟のほどが伺えます。制服の方が目立たないのはジュンもわかってたんでしょうけど、それでも着ることが出来なかったんだろうなぁとか。

 巴の協力で解決はした物の、これってローゼンメイデン共通の弱点?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/18

こわしや我聞  3巻

 國生さんのイベント目白押しでいろんな表情が見られます。1,2巻の無表情&冷徹ぶりから態度が軟化してきたのは我聞の成長とバカっぷりと鈍感っぷりの賜?手鏡の件は大きな転機になった模様。

 再登場が待たれるユンボ乗り特攻隊長ほっちゃんも登場♪

 あとは、ばあさん。つくづく化け物だな、と(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

げんしけん 第六話

 咲さん必死です。と言うかもう、なり振りかまっていられなくなってきた模様(^^;

 せっかく歩み寄ろうとしているのにまるっきり手加減無しの高坂。わざとやってるのなら鬼ですが、天然だから困った物。高坂なりに一応気が向いたときには相手しているらしいのもかえって始末が悪かったり(^^;;;

 とうとう別の物に目覚めてしまった咲さん…もう涙無くしては見ていられません(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/16

スクールランブル 第七話

 八雲のクラスがプール掃除当番なのを知り、その代役を買って出る花井。クラスの連中は大迷惑。どうせなら八雲のクラスと合同の方が良かないか?

 八雲にいいとこを見せようと(もういない)、「塚本君」を天満のことと勘違い、烏丸君♪、と三者三様、愛故に暴走しまくる花井、播磨、天満。しかも全員が見当違いの方向に突進中。これも青春?

 ベンチで寝ている八雲の隣に座ってみる花井。八雲が寄りかかってきそうになったときにはあわてて離れたくせに、目覚めのキスはしてみたいのね。でも、八雲の防御は完璧だったり。まあ、自業自得というか、現行犯?

 白熱する花井VS周防。そっちのけで妄想にふける天満と播磨。先のことよりまず目の前のことをどうにかすべきかと(^^;

 一人黙々と掃除する一条さんがラブリィ。とりあえずアレは見なかったことにします(笑)

 結局、前提条件から破綻していた花井。ご愁傷様。最終的には冬木の一人勝ち?
変装しているつもりの播磨はそっとして置いてあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

学祭

 大学の学祭に行って来ました。さすがにもう学内に知り合いは在籍していないので、それを名目にしたOB会に近いですが(^^;

 出店でたこ焼きとか焼き鳥とか買いつつ雑談。自分の素を思いっきりさらけ出せるって素晴らしいですな。みんな押さえるところきっちり押さえてきてるし。
 ちなみに伝統の業を代々受け継いでいるサークルの出店の物は、神社のお祭りの物なんか比べ物にならないくらいの出来映えだったりします。

 夜は、現役生希望者数人を連れて箱根の温泉へ。語らいつつ、2,3時間半身浴。外気の冷たさがむしろ気持ちいいです。その後はガストで空腹を満たしてから友人の車で送ってもらって帰宅。

 充実した一日でした。
…その代わり今日は一日疲れ切って寝てましたが(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹「ケロロ小隊 アニメでペコポン侵略 であります」

 アニメ化されたゲロロ艦長にすっかりはまってしまったケロロ小隊。グッズに費やした費用はペコポン侵略予算2ヶ月分以上…資金管理をやっているのはケロロ?それともモア?どっちにしろモアはおじさまの言いなりなので同じですが。

 というわけでケロロが主役のアニメを作り、ペコポン人の人心掌握およびグッズ収入で侵略予算調達作戦を開始。

脚本担当ケロロ。原稿用紙一枚。台詞の羅列のみ記述。この時点で既に破綻(--;
絵コンテ担当タママ。その脚本を元に動きを…作れるか、ボケェ~!!ごもっとも。
作画担当ギロロ。仮にギロロに絵心があったとしても無理でしょ、これ(^^;;;
彩色担当ドロロ。肝心の絵が無くてはどんな技能を持っていてもダメですな。
背景担当クルル。反則。
音響担当モア。その疑問は禁句…

 見事に玉砕したケロロ小隊。きっとアニメを簡単に作る方法があるはずだ、とサンイラズに潜入。
結局、結論として「そんなこと考えている暇があったら手を動かせ!」という監督のお言葉を胸に帰宅。

 そんなこんなで何とか完成した初号試写は未熟なりにも目頭が歩くなりました。一生懸命何かを作り上げるというのは素晴らしいことですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

ローゼンメイデン 第六話

 冒頭の探偵くんくん。犯人を追いつめたはずが、そのままその犯人であるところの髪の伸びる市松人形と戦闘開始。続きは?来週?来週なの?

 それを見て怯える人形たちに冷静にツッコミを入れるジュン。TVの物語上の怪奇現象より現実に目の前で起こっている怪奇現象の方が重要です(^^;

 実は怖い物好きかも知れない雛苺と強がって墓穴を掘りまくって自滅していく翠星石。雛苺が圧倒的に有利な立場にいるというのも珍しいですが、雛苺本人に自覚がないのも彼女らしいと言うか。

 雛苺を人質に取られて水銀燈の世界へ。素の状態でも実力差がありそうなのに不思議時空で更にパワーアップされたら、そりゃ手も足も出んわな…と思ったらジュンのミーディアムの力であっさり逆転。愛の力?

 ピエロ人形を繕って復活させるジュン。元通りどころか新品同様になってませんか?眼鏡小僧にこんな才能が!!

 ジュンを認めるような発言をした後にお約束のように倒れる深紅。う~む。とりあえず巻いてみるというのはどうでしょう?ダメ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/11

冬コミ

 水色の封筒が届きました。配置場所が描いてあるので無事当選です♪

 エルハでとってるのに二回連続で成恵コピー本だったので今回はちゃんとエルハを書く予定です。ネタも何とか浮かんだし。

P.S. あ、げんしけん録画ミスってる(T-T)すっかりとまるなびに聴き入っていた間に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/10

スクールランブル 第六話

 体育館倉庫に閉じこめられる天満。窓から脱出しようとするも高いとかいって断念。あなた、前に3階のトイレから脱出してませんでしたか?
 スプリンクラーの水は飲用じゃないと思う…
 カレーパンと言えば烏丸。どこかにいるとは思ってましたが、何でそんなとこに寝てるの?という疑問は…愚問ですね(--;
 天満、やれば出来るじゃん、やっぱり。そういえばテレ東チェックはここまではOKなのね。

 背後にいる烏丸への天満の視線を自分への視線だと勘違いの播磨。背後でやりたい放題の烏丸が素敵。

 入院した播磨のお見舞いに来た天満。さすがに目の前で事故られては心配になったらしい。
いとこさん、いい人かと思ったらやっぱり面白がっているだけでした。
「君のような」で卵の黄身にいってしまう天満の思考回路って一体…それにそのリンゴ、ついさっきまで普通に剥いてませんでしたか?

 播磨に抱きしめられて、目をまん丸にしているいとこさんがなんか可愛かったですが、けが人をぼこるのは危険ですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/06

ケロロ軍曹「ケロロ 動物隊員大集合 であります」

 動物図鑑を見て、戦闘力の高い動物たちをスカウトして戦力アップを思いついたケロロ。クルルが開発した「ボクラハミンナイキテイル銃」を手に早速動物園に出撃。

 一番手、パンダ娘に夜ばいと勘違いされて撃退された後は象のト…もといタロウの半生に感動。目的は忘れそうになりつつも気を取り直して計画続行。ここで帰っておけば結果的には一番良かったのかも。

 でも、飼い慣らされた動物たちは野生の牙をもがれた役立たずだらけ。失望するケロロ達の前に誤射で現れたのは地上最強の生物・ベンガルタイガー。しかし、そんな彼も自分の使命は自分を見に来てくれる人々の笑顔だと言い残して元の檻の中へ。ただの乱暴者ではなくきっちりと責任感があるのが王者の貫禄。

 結局、成果無しで朝帰りのケロロ小隊。最後にカラスをスカウトしようとするも無軌道なチーマーがおとなしく従うはずもなく、更にこの作戦がうまくいったら隊員をリストラしようとしていたことをうっかり口を滑らしたケロロ。孤立無援っていうか、自業自得?

「ギロロ ネコは言いたい であります」

 そういえば、この猫ってギロロのテントに良くいるけど名前ないのね。ギロロは「お前」としか呼ばないしなぁ。ギロロが猫に名前を付けるのも想像しがたいですが。

 松ぼっくりを手榴弾と誤認し、そして、それをペンダントにしてお守りとして夏美に渡そうとするギロロ。この辺の発想は偏った軍人なのに、いざ夏美を前にするともじもじ。これも純情故か?

 健気に頑張る猫。種族を越えた愛という点ではケロロに対するモアも夏美に対するギロロもまあ同じような物?

 結局ギロロには何も言わずに元に戻ってしまいましたが、今は側にいられる幸せで十分ということですね。松ぼっくりのペンダントも手に入れたし。

 今日のモアの診察室。お腹ペコペコというか青色吐息?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン 第五話

 先週録画ミスで見られなかった間に一体何があったのですか?何時の間にドタバタギャグコメディに??新しく増えた翠星石のせい???

 実は以外にちゃんとした作りだった人形劇番組。推理物?ジュンまでいつの間にかはまってるし。今回本編よりもこっちの方がシリアス(^^;

 くんくん人形に本気で弁明を始める深紅。人形同志、実は惚れていたのか?それとも憧れの大スターとそういうの?

 実は怒らせると怖かったお姉ちゃん。締めるときにはちゃんと締めます。ジュンまで一緒になって暴れてちゃ消去法で収拾つけるののりしかいないし(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/04

げんしけん 第四話

 コスプレイヤー大野の加入によって今回はコスプレ話。

 で、趣味が、スキンヘッドでマッチョ、ひげ可。帰国子女だけあってアメコミ?でも、コスプレはジャムなのね。いや、キャットウーマンとかやられても困りますが(^^;;;
 咲は勝手に入ってきた理由を部屋の鍵をかけなかったからとか言ってましたが、あの場面で鍵をかけるのも印象良くないんじゃないかと…

 咲とモトカレの攻防、咲の方はうかつなことも言えず突っ込まれるわけにも行かないので受け流しまくってましたが、
モトカレの方は咲のこの態度、どう映ったのやら。

 ゲーム大会で決勝すらパーフェクト勝ちで優勝の高坂。容赦ないなぁ。しかも相手のキャラジャムだし。自分がコスプレしているキャラが一方的にぼこられてるのを見ている大野、なんか複雑な表情をしていたような。
 くそゲー25年分。みんなでネタとしてやるにはお宝と言えばお宝(^^;

 ネコミミをつけられて激怒の咲。モトカレに見られて、更に怒り倍増。病院送りは出なかった物のエンディングでは大野を除くその場にいた全員が満身創痍。ネコミミくらいでここまでするものなの?一般人って(^^;;;

 ちなみに第三話は、何を書いても全部自分に突っ込んでいるようでいたたまれなくなって…欠番です(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/03

スクールランブル 第五話

 播磨と天満の出会い。出会いからしてこれなのね。どこまで行っても平行線な会話が素敵。

 茶道部。八雲のこととなるとなりふり構わない花井。思ったことそのまま口に出してるから心を読まれようと関係ないし。青唐辛子入りのお茶による紅潮を恋による物と解釈するのもお手の物。でも、そのお茶明らかに目の前で晶が入れてるんですが(^^;;;

 ソフトボール。運動苦手と言いながら、播磨を一撃KOするほどの剛球を投げる天満。これが愛の力か?烏丸にはのれんに腕押しどころか完全に流されちゃってるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

ケロロ軍曹「ケロロ 帰りたい 帰れない… であります」

 相場500万円の反重力式ソーサーをネットオークションにて5,000円で入手して大喜びのケロロ。

 その金額だけでも十分うさんくさいのに、シリアルナンバーが100台限定モデルなのに130…バチモン確定(--;

 でも、すっかり舞い上がったケロロは本物と信じて疑わず夏美の禁止令も無視してツーリングに出発。軽快に飛ばして心が広くなった辺りで夏美へのお土産にお芋を購入。これが後のトラブルの元になるとは(^^;

 案の定壊れたソーサー。泣きながら日向家に電話するも小銭切れで途中で切断。あまりに山奥でテレカなんて物はなかったらしい…最近は携帯の普及で公衆電話自体減ってますが(^^;

 ケロロ遭難の方を聞いても「サバイバル訓練を受けているから大丈夫ですぅ」とか「自業自得だ」とか、全く心配していない小隊の面々。普通の軍人なら正論かも知れない…

 モアも心配はしている物の「っていうか自己責任?」と突き放し気味。もしかして一緒に乗せて欲しかったのか?ペコポンの地理には詳しくないと仰ってましたが活断層の位置になら詳しいんでは?(^^;;;

 軍曹のPCの中身。マ・クベのツボだのジャブローツアーだのほぼガンダム一色。ジャブローツアーでフラミンゴの群は見てみたいかも。

 ヒッチハイクの途中で行き着いたゴミ置き場にガンダムとジオングのプラモが。哀愁誘いまくり。

 紆余曲折の末、夏美に救出されるケロロ。お土産のお芋も無事に渡せて大団円。この場にギロロがいたら暴れてたかも(^^;

 今日のモアの診察室「居眠りしてたって言うか天真爛漫」…いい意味で受け取っていいのか?

 せっかくなのでバンダイチャンネルにトラックバック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »