« シール最近の戦い | トップページ | 忘却の旋律「天使でなくても持つ翼」 »

2004/07/27

成恵の世界 少年A9月号

 鈴ちゃん、七瀬家と同じアパートに入居でレギュラー化、と思った早々、久し振りに登場のハルナの策略(?)で今回のお話からは退場・・・

 香奈花は地球のロボット技術を「遅れてる」とまるで興味を示しませんが、機族達は興味津々のご様子。

 託児所。ハルナには向いているかも。「あやしのハルナ」と恐れられているらしいですが、きっと見事なまでに同化してなじんじゃってるんだろうなぁ。

 ハルナが子供を欲しいんじゃないかと思うオーナーや香奈花、大切な人が喜ぶ顔が見たいだけというハルナ。どっちも相手を想うが故。機族だろうが人間だろうが相手を思いやる気持ちにかわりはないということですね。

 しかし、こういう話の時には何故か成恵は蚊帳の外ですな。八木と一緒に花より団子よろしく、甘い物食べ歩き・・・氷ぜんざい15分完食でタダとかに挑戦しているところはらしいと言えばらしいですが(^^;

|

« シール最近の戦い | トップページ | 忘却の旋律「天使でなくても持つ翼」 »

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/1067937

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年A9月号:

« シール最近の戦い | トップページ | 忘却の旋律「天使でなくても持つ翼」 »