« 成恵の世界(少年A7月号) | トップページ | 東京優駿 »

2004/05/29

ケロロ軍曹9話

 原作の連載が同じ少年Aである特権として、623侵入が思いっきりエヴァネタ、もっとピンポイントに言えば渚カヲルな今回前半。エヴァの方は「連載?」状態ではありますがそれは置いておいて。

 SoundOnlyっつったって、上に「KERORO」とか書いてあるし、声でわかりそうな物なのにケロロの欠点をあげつらうモアとタママ。らしいっていや、らしいですけど。

 モアは相変わらずおじさまLOVEで可愛いですな。おじさまもろともまとめて吹き飛ばしてますけど。
623侵入時にはもう少しオペレータとして実況をやって欲しかったです。

 後半、ミンキーモモって・・・このアニメのメインターゲットは一体どこ?スタッフクレジット見たら特別出演「小山茉美」って・・・このためだけに呼んだというのか!?ネタに命をかける心意気や良し。

 ケロロの予科練の教官ってキシリア?それはさぞかし・・・

 学生時代に戻ったママがいくら冬樹そっくりだとしても、胸に気付いてもなお冬樹と思いこむ桃華が素敵です。よほど名前で呼ばれたのが嬉しかった模様。あと一歩のところでケロロに横から突っ込まれて轟沈は、お約束とはいえちょっと可哀想だったり。

 しかし、胸に気付かない夏美たちって一体・・・

|

« 成恵の世界(少年A7月号) | トップページ | 東京優駿 »

終了・け ケロロ軍曹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケロロ軍曹9話:

« 成恵の世界(少年A7月号) | トップページ | 東京優駿 »